まーしーのロンドン大医学部生活

University College London医学部5年生のロンドン生活、医学部での経験をお伝えします!(内容は個人の見解に基づくものであり、所属組織・その他団体と一切関係ありません)

フードロスを減らしつつ美味しいご飯を格安で! Too Good To Go

日本やイギリスをはじめとする先進国では、まだ食べられる食品が捨てられてしまうフードロスが大きな問題になっています。

イギリスではフードロス削減のために様々なアプリがあるのですが、(おそらく一番ロンドンで普及している)Too good to goを最近何回か使用したので紹介します!

toogoodtogo.co.uk

 

Too Good To Goの仕組み

スペイン発祥のこのアプリでは、加盟するレストランやスーパーが、その日に売れ残り廃棄されそうなメニュー・食品をユーザーに格安で提供します。

割引率は様々ですが、定価のおよそ50~70%オフのお店が多いです。

ざっくりと「朝食メニュー」「サンドイッチ3つとベーグル3つ」とセット内容を示しているお店もありますが、「マジック・バッグ(何が入っているかはお楽しみ)」のお店の方が多い印象です。

スーパーの生鮮食品やレストランのテイクアウトは購入後すぐに消費しなければいけませんが、賞味期限には余裕があるもののシーズンが過ぎたお菓子(クリスマスパウンドケーキ、イースターチョコレートなど)も見かけます。

 

Too Good To Goの使い方

まず、アプリをダウンロードして無料会員登録を行います。

現在地もしくは住所を入力すると、周辺で加盟しているお店の概要そして取り扱っているメニューの値段が表示されるので、受け取り時間を確認しつつ好きなお店を選びます。

カードもしくはPayPalで決済をしたら完了です!

受け取り時間になったらお店に行き、アプリ上の購入完了画面を見せて商品をもらいます。

ちなみに、受け取り2時間前までならキャンセル可能です。

 

実際に使ってみて

私はこれまで、お寿司屋さんで元値25ポンド→4ポンドで大好きなサーモンを堪能したり笑、

f:id:ma-c-s:20210530062003j:plain

パンとデリのお店でチキンパイ、ビーツとフェタチーズのサラダ、サワードウを3.5ポンドで、

f:id:ma-c-s:20210530062023j:plain

また(写真はありませんが)サンドイッチが種類豊富なベーカリーで当日の晩ごはん+翌日のお昼ごはんとおやつをゲットしたりしました。

特に味が落ちていると感じることはなくどれも美味しくいただきました。

2枚目の写真の大きなパンは、さすがに食べきれないので冷凍保存しましたが、サワードウの風味がしっかりして解凍後も美味しかったです!

注意点としては、商品名や原材料名の表示がない場合が多いため、アレルギーや宗教上の理由等から口にできない食材を避けることが難しいです。(お店によってはベジタリアンセットとノンベジタリアンセットを分けて販売しています)

また、人気のお店は毎日すぐに売り切れてしまうのでアプリ上で争奪戦です!!

 

最後に

外食の高いロンドンで美味しいご飯を格安で食べられるうえ、地元の知らないお店を開拓するチャンスにもなるので、今後もタイミングが合えばこのアプリでテイクアウトしてみます!

Too Good To Goの値段では店側の利益はほぼないと思いますが、新しい顧客獲得につながる可能性もありますし、何よりも環境問題に少し貢献できるのが良いですよね!

中国でレストランでの食べ残しに罰金がかかるようになったり、少しずつ日本でもtoo good to goに類似の取り組みが始まったりと世界的に関心が高まっているトピックと思います。