まーしーのロンドン大医学部生活

University College London医学部5年生のロンドン生活、医学部での経験をお伝えします!(内容は個人の見解に基づくものであり、所属組織・その他団体と一切関係ありません)

西アフリカ・ガンビアの観光スポット

子どもの健康改善プロジェクト立ち上げのための、西アフリカのガンビアでの現地調査について前回お伝えしました。

今回は、ガンビアの首都バンジュールで過ごした際に訪れた観光スポットを紹介したいと思います!

 

綺麗な海!

首都バンジュールには唯一の国際空港があり、また海岸に面しているため、ヨーロッパから観光客が特に秋~冬(乾期)に多く訪れます。

そのため、海外沿いにはプールやコテージがあるリゾートホテルがたくさん並んでいました。

調査を行っていた内陸部とは全く異なる一面にびっくりしましたが、これだけ綺麗な広い海岸があれば観光業に力をいれていることにも納得です。

f:id:ma-c-s:20210611230406j:plain

f:id:ma-c-s:20210611230422j:plain

海辺のレストランでハンモックに揺られてマンゴージュースを飲みながら夕日が沈んでいくのを眺めていると、とても癒されました!

クロコダイル・プール

要はワニ園で、野放しになっているワニに実際に触れることができます。f:id:ma-c-s:20210611230639j:plain

スタッフの方が何人かいらっしゃるので、触っても大丈夫そうな機嫌の良いワニを教えてくださいます!

ちょうどワニの繁殖期だったため雌のワニは避けるようアドバイスされましたが、素人目には性別の区別は全くつきませんでした。笑

f:id:ma-c-s:20210611230658j:plain

 

お土産屋さん巡り

ガンビアに限らず、アフリカの女性はとてもカラフルで綺麗な衣服を身に着けています。

チャリティー団体の活動の一環で現地の方と一緒に撮った写真を載せられないのが残念ですが、お土産屋さんにもカラフルな衣服や布がたくさん置いてありました。

f:id:ma-c-s:20210611230934j:plain

また、木や石でできた置物やガンビアの様々な風景をモチーフにした絵もよく見かけました。

私はこれまで2回ガンビアに渡ったのですが、壺を頭に載せた女性の置物、ガンビアの農村の風景の砂絵、ワニのマグネットなどをお土産やさんを巡って買いました。

お店によっては入り口で職人さんが彫刻しています!

f:id:ma-c-s:20210611230935j:plain

 

サルの住む自然公園

バンジュールにはBijilo Forest Park、別名Monkey parkと呼ばれる広い自然公園があり、野生のサルに出会えます。

入園チケットを買うとガイドの方が案内してくださるのですが、途中途中で音を出すとサルが枝を移動したり地面を走ったりしている姿が見られます。

偶然赤ちゃんザルにも会うことが出来ました!

f:id:ma-c-s:20210619061921j:plain

 

最後に

現地調査で訪れた内陸部の地方都市とは違い、首都ではヨーロッパからの旅行者をターゲットに観光業に力を入れていることが明白でした。

イギリス国内の海辺でお天気に恵まれたことがこれまでなかったので笑、綺麗なビーチをずっと歩いているだけでとても気持ち良かったです。

ガンビアでは新型コロナウイルスが蔓延していませんが、海外渡航が難しいことから観光業が大きなダメージを受けていると思います。

ガンビアに渡るのがいつになるかはまだ分かりませんが、まだ訪れたことのない地域に足を踏み入れて、様々な人に出会い新しい現地グルメを発掘したいです!