まーしーのロンドン大医学部生活

University College London医学部6年生のロンドン生活、医学部での経験をお伝えします!(内容は個人の見解に基づくものであり、所属組織・その他団体と一切関係ありません)

New year, new city!

新年あけましておめでとうございます。

ロンドン郊外の地方総合病院での4か月の実習が終わり、冬休みを経て新年3日から授業や実習を再開しました。

 

↑Birmingham new street駅から伸びる大通り

1月中は、ロンドンから北上してバーミンガムのとあるGP(家庭医)のもとで実習しています。

年明け早々電車のストライキがあり、ロンドンからバーミンガムまで到着が一日遅れてしまいましたが、親切なホストと実習先の皆さんに歓迎していただきました。

大学入学で渡英してから初めてロンドンの外に住むので、勝手が違うこともありますが、新しい地域を開拓していくことは好きなので楽しんでいます!

 

バーミンガムに住んでいる友達が日曜日に街を案内してくれて一通り歩き回ったのですが、特にモダンな建物と古い建造物が混ざっている街並みがとても素敵で、また街中に主要なお店が集まっていて住みやすいところだなと思います!

 

↑ 'The Cube' & canal area

↑Great Western Arcade

インド料理やさんが豊富だと聞いているので、次回はおすすめのお店に行く計画も立てています。

また、2月の初旬まで初期研修先の地域の希望を修正できるので、バーミンガムだけでなく周辺地域にも足を伸ばしてみて、初期研修中の2年間住む地域に私がどんなことを求めるのかをはっきりさせたいと思います。

 

12月前半のロンドンは最高気温0℃、最低気温-6℃とこれまでの大学生活を振り返っても一番と言えるほどとても寒い日が続き、病院の寮の周りの積雪に悩まされていましたが、今は概ね(雨を除けば笑)過ごしやすいです。

 

医学部最終学年は出願や試験が次から次へとやってきます…!

12月には、初期研修先のマッチングに使われるSituational Judgement Testを受験しました。

なかなか特徴的な試験なので形式や内容について説明したいのですが、今はGPの実習と並行して来月頭の薬剤処方試験や、いよいよ3月に迫った卒業試験に向けて本腰を入れなければいけません。

6年生の内容について秋以降あまり記事にできていませんが、3月下旬以降振り返りもかねてまとめて書きたいと思います。

 

医学部関連の試験諸々、国内外の移動、(卒業試験をパスできれば)初期研修開始、とチャレンジングな一年となりそうですが、幸先よく元旦に近所の神社で大吉を引けたので、バーンアウトしないよう息抜きもしつつ地道に頑張ります。

今年もよろしくお願いいたします!