まーしーのロンドン大医学部生活

University College London医学部5年生のロンドン生活、医学部での経験をお伝えします!(内容は個人の見解に基づくものであり、所属組織・その他団体と一切関係ありません)

SDGsアワード応援ありがとうございました!

ご報告が大変遅くなってしまいましたが、3月3日にオンラインで最終選考会が実施された、朝日新聞社主催「大学SDGs ACTION! AWARDS 2022」で、なんとなんとグランプリをいただきました!!

www.asahi.com

応援していただいた皆様、本当にありがとうございました!

最終プレゼン動画も断トツの再生回数で、オーディエンス投票での皆さんからのメッセージに鼓舞されています。

youtu.be

いただいた賞金を最大限活用して、今後もプロジェクトを世界中に散らばるオンラインメンバーと進めていきます。

 

f:id:ma-c-s:20220403193644j:plain

↑3月27日の朝刊でこのアワードが見開きで特集され、グランプリとして大きく掲載していただきました!

 

早速ですが、私は1週間のイースター休暇を利用して、ケーススタディを一緒に開催したケニアのキスムにある大学を訪問する予定です。

パンデミックにより国外移動が難しくなってから、日本とイギリスの往来以外で初めての海外がケニアになるとは思っていませんでしたが、安全に気を付けて現地の雰囲気を感じてきたいと思います!

f:id:ma-c-s:20220403193900j:plain

ケニア訪問に先駆けて、UWC卒業生のケニア人の友人と一緒にケニアビーフシチューを作りました!

 

最近のロンドンの様子

3月半ばは20度近くまで気温が上がる日が続き本当に過ごしやすかったのですが、なんと3月最終週はとても寒く雪がちらついていました…。

イギリスでウクライナ情勢に注目が集まる中、COVID-19の感染者数・入院患者数・死者数は上昇し続けています。

しかし、先月で自宅抗原検査キットの無料配布が終わり、変異株を特定するための遺伝子解析や、医療がひっ迫する前の行動制限の導入はさらに今後難しくなりそうです。

私は(なぜか実習グループで唯一)まだCOVID-19にかかっていないのですが、夏の試験に向けて勉強もしっかり頑張らなければいけない時期なので、気を緩めず毎日過ごしていきたいと思います。