まーしーのロンドン大医学部生活

University College London医学部5年生のロンドン生活、医学部での経験をお伝えします!(内容は個人の見解に基づくものであり、所属組織・その他団体と一切関係ありません)

イギリスにおけるオミクロン株の感染拡大に対する規制

日本でも年明けからオミクロン株の感染者数が増え続けているので、既に感染のピークを越えた様相を呈しているイギリスの現在の状況をお伝えします。

f:id:ma-c-s:20220123014547j:plain

↑実習後久しぶりに行ったサウスケンジントンの自然史博物館(Natural history museum)

 

オミクロン株の影響

イギリスではオミクロン株の感染がクリスマス~年末にかけて急激に広まり、多い時は1日約20万人の感染者が発生していましたが、入院患者数・死者数はそれほど増えなかったので、現在予定通り病院実習が行われています。

病院のベッド数はこれまでの感染の波に比べて逼迫していないものの、病院関係者の間で感染が広がり欠勤が増えた影響で、感染していないスタッフの負担が増えたり、学生指導の時間がなくなったりしています。

 

また、気のせいかもしれませんが、年が明けてからスーパーの品ぞろえが悪くなった気がします。

先日私がよく行くスーパーでは、葉物野菜がほぼ入荷しておらず、代わりに一面ブロッコリーが陳列されていました。笑

 

ワクチン接種者はオミクロン株に感染しても重症化することが少ないと言われていますが、陽性だった場合自宅隔離が必要となる点はこれまでの変異株と変わらないので、おそらく運搬等にも影響が出ているのではないかと思います。

 

現在の隔離ルール

こうした社会インフラを守るために、イギリス政府はコロナ規制をどんどん緩めています。

例えばロンドンのあるイングランドでは、

  • 症状の有無にかかわらず、PCR検査もしくはLFT(簡易抗原検査)で陽性が出た場合は即座に自己隔離を開始する(以前はPCR検査で陽性判定を確定する必要がありましたが、簡易検査の判定がそのまま使えるようになったことで、すぐに隔離日数カウントを始められ結果的に早く隔離が終わる)
  • 症状が出始めてからもしくは陽性と判定されてから、5日目と6日目に簡易検査を受け両方陰性であれば隔離終了
  • 陰性判定がなくても10日目で隔離終了
  • 陽性の人と接触していた場合は、自己隔離をする必要はないが1週間毎日簡易検査を行う

と隔離期間が以前より短くなっています。

 

www3.nhk.or.jp

そして明日以降は規制がほぼ撤廃され、屋内や混んだ場所でのマスクの着用が「義務」から「推奨」に変更されます。

日本ではマスクをしない人はほとんど目にしないと思いますが、イギリスでは、私の周りでもマスクは極力したくない(外に出た途端外す、窓が開いている部屋なら外す)人が大多数なので、マスクの着用率はかなり下がりそうです。

2月11日以降は、ワクチン接種済みであれば入国前後の検査や自己隔離も全くなくなるので、(フォームを記入する以外は)パンデミック前と同じように簡単にイギリスに入国することができます。

 

私の感染対策はこれまでと変わらず

私はまだCOVID-19に感染していませんが、ここまで感染が拡大すると本当にいつ罹ってもおかしくありません。

当たり前ですが、

  • 手洗いうがいを怠らないこと
  • マスクを屋内や人混みではきちんと着用すること
  • 免疫力を高めるために食事と睡眠をしっかり取ること

など自分で出来ることはこれからも意識していこうと思います。